高校生で身長を伸ばす方法は?科学的な方法はこれ!

高校生で身長を伸ばす方法は?科学的な方法はこれ!

 

高校生で身長を伸ばしたい!と思っている人は多いと思いますが、
科学的な方法はあるのでしょうか。

 

近年の研究で、カルシウムは身長アップにはあまり効果がないことが分かってきました。
身長アップに効果があるのは、成長ホルモンなのです。

 

成長ホルモンは、睡眠時に分泌されますが、
普通に生活していればそこまで多く分泌してくれることはありません。

 

しかし、この2点を守ることで、身長アップに効果が見込めるほどの成長ホルモンを分泌する可能性が高まります。

 

それは、

  • 夜10時〜2時の間の数時間でも睡眠をとる
  • アルギニンを1日5グラム以上摂取する

ということです。
解説していきましょう。

 

夜10時〜2時の間の数時間でも睡眠をとる

これは、なにも夜10時にかならず寝なければいけない!といっているわけではありません。

 

この間の4時間は、成長ホルモンの分泌が活発になるゴールデンタイムですが、たとえば、12時に寝たとしても、2時間はゴールデンタイムが得られます。

 

高校生は夜更かしをしてしまうことが多いですが、それでも1時には寝るようにすることで、成長ホルモンの分泌が多く見込めます。

 

 

もちろん、10時にねれば4時間分の成長ホルモンが分泌されますから、身長アップの可能性はさらに高まるといえます。

 

また、次の方法を併せて使うことで、成長ホルモンの分泌は倍増します。

 

 

アルギニンを1日5グラム以上摂取する

アルギニンを摂取することで、成長ホルモンの分泌は増大します。ゴールデンタイムの睡眠時の成長ホルモン分泌量を増やすためには、アルギニンが欠かせないのです。

 

成長ホルモンの分泌が増大した状態で、ゴールデンタイムが4時間得られれば、まさに理想の状態といえるでしょう。

 

この状態を得るためには、少量のアルギニンでは意味がなく、1日だいたい5グラム以上のアルギニンが必要となってきます。

 

 

アルギニンを1日5グラム以上摂取するなら、ドクターセノビルというサプリメントがおすすめです。

 

一般的なアルギニンサプリは、アルカリ性のため、胃を痛めてしまうことが多いのですが、このサプリは安全に中和してあるため、胃にも優しいことが優れています。

 

アルギニンも1袋に5グラム含まれていますから、身長アップを目指すなら試して損はないサプリメントです。

 

 

一般的に、身長の伸びしろである骨端線は16歳前後で閉じることが多いようです。
つまり、普通であれば、身長を伸ばすチャンスは高校生が最後!ということになります。
この先の人生を後悔しないためにも、まさに今できることをやりましょう。