小学生の身長を伸ばすためにはカルシウムじゃなかった!

小学生の身長を伸ばすためにはカルシウムじゃなかった!

 

小学生の子供の身長を伸ばすために、一生懸命牛乳を飲ませていませんか?
これは、大きな間違いです。

 

牛乳を飲ませて、カルシウムによって身長を伸ばそうと考えてのことだと思いますが、
カルシウムではだめなのです。

 

なぜなら、カルシウムには骨を太くする効果はありますが、縦に伸ばす効果はないからです。
これは最近の研究でわかってきました。

 

本当に必要な栄養素

では、身長を伸ばすことはできないのか?というと、そういうわけではありません。
近年の研究で、身長を伸ばすためには、成長ホルモンが欠かせないことが分かりました。

 

成長ホルモンは主に寝ている時に分泌されますが、
身長の伸びが遅い子は、この成長ホルモンの分泌が少ない傾向にあるようです。

 

睡眠時の成長ホルモンの分泌を増やすためには、
アルギニンというアミノ酸が必要であることが研究により分かってきました。

 

アルギニンは豚肉などにも含まれますが、
身長を伸ばそうとした場合は1日5グラム程度必要になるようです。
豚肉100gにはアルギニンは1g弱しか含まれていないので、
食べ物から5グラム摂取するのは難しいです。
ですから、サプリメントなどで補うのが現実的でしょう。

 

ドクターセノビルというサプリメントは、子供用に安全な原料を使用していますので、
海外製のものと比べても安心といえるでしょう。
参考にしてみて下さい。