子供の身長を伸ばすため、大活躍です!「アルギニン」

子供の身長を伸ばすため、大活躍です!「アルギニン」

アルギニン?なんだかギラギラ感がありますね。特別疲れたときに手を伸ばすコンビニの一角にある○○ナミンや○○ケルの成分にありそう。
「これって疲れた大人に関係ある言葉で子供の成長には関係じゃないんじゃない?」という声も聞こえそうです。私もそう思っていました。

 

ところがこれが関係あるんです。子供の身長を気遣う方々には特に注目される言葉だったのです。

 

成長ホルモンはアルギニンから

成長ホルモンはアミノ酸でできています。そしてそのアミノ酸のもとはタンパク質です。
そうして作られた成長ホルモンが分泌され身長を伸ばすわけですが、この分泌を促すものもまたアミノ酸だったのです。アミノ酸はあれにもこれにも大活躍!というところですね。

 

成長に必須なアミノ酸の種類

 

子供の身長を伸ばすため、大活躍です!「アルギニン」

そのアミノ酸には「必須アミノ酸」と「準必須アミノ酸」と呼ばれるものがあります。

 

必須アミノ酸…体内で十分な量を合成できず、栄養分として摂取しなければならないアミノ酸。
準必須アミノ酸…体内で合成できるが、成長のある段階などで合成量が不足して食物から摂取する必要があるとされるアミノ酸。

 

どちらも体内での合成が不十分ながら、体のために必ず摂取すべきものです。
常に意識すべき必須アミノ酸、成長期にだけは意識すべき準必須アミノ酸ということですね。

 

なぜ準必須アミノ酸は成長期だけなのか。それは成長期に限っては消費が合成に追いつかないからです。
消費>合成⇒不足しがち、になるからです。

 

この準必須アミノ酸のひとつがアルギニンで、成長期に不足しがちなものになります。どうして不足するのでしょうか?
それは成長ホルモンの分泌を促すために常に消費されているからなんですね。
そういった意味でも、ドクターセノビルのようなアルギニンを主成分としたサプリメントは重要といえます。

 

食品からも摂取は可能だが・・・

さて、アルギニンを多く含む食品はタンパク質を含む食品と同じと考えられます。
肉類や魚介類、大豆製品やナッツですね。
100gあたりのアルギニン含有量は以下のようになります。

 

  • クロマグロ 1400mg
  • 豚ロース 1300mg
  • 牛ひき肉 1300mg

 

ここで考えてほしいのは、100g単位でみるとという点。
成長期のアルギニン必要量はおよそ5000mg以上ですが、これらの食事から、1日に必要な量のアルギニンを摂取しようとすると、およそ500g食べなければいけません。

 

お肉や魚を1日500g食べるというのは、なかなか大変です。ですから、ドクターセノビルのようなアルギニンサプリでアルギニンを補うことで、成長に必要なアルギニンを補完していくのが良いでしょう。

 

よく読まれている記事です

⇒ドクターセノビルで身長が伸びるのは何歳まで?