アルギニンをとりすぎる危険性ってあるの?

アルギニンをとりすぎる危険性ってあるの?


サプリメントはひとつも摂ったことがないという人を探すのが難しいほど、身近になったサプリメント。
その種類も増えていますから、すべて本当にいいものなのと心配にもなりますね。

 

アルギニンの効果はこんなに

今、話題のアルギニンは、肥満やメタボ、糖尿病、認知症、骨粗しょう症、心血管、消化性潰瘍、子供の低身長などに効果があります。
医学文献によっても明らかにされています。
肥満やメタボはもちろんのこと、糖尿病、心臓病、認知症、胃潰瘍などは国民病ともいえるほどです。
多くの人または身近な人がなる病なので、注目されるのも当然ですね。

 

アルギニンってそもそも何?

アルギニンはアミノ酸の一種です。人間に必須なアミノ酸は「必須アミノ酸」です。

 

中でもアルギニンは、成長期など特別な時だけ必須になるので「非必須アミノ酸」といわれています。

 

なぜ成長期が特別?

成長ホルモンの分泌を促すアルギニンは、成長期には消費が激しく生成が追いつかないのです。
おまけに、子供はアルギニンを作り出す力が弱い。
ですから非ではありますが必須アミノ酸として出てくるわけですね。

 

アルギニンを飲む際の注意点

ということで、成長期には特にアルギニンをサプリとして取り入れることはよいことですが、その選択にあたっては注意点があります。

 

アルギニンは中和されているものを選ぶ

ひとつめは、アルギニンはアルカリ性だということ。
効果をすぐに出そうと大量に摂ると、その刺激で胃痛や胸やけが起こることがあります。
それを中和させ、刺激を弱める必要があるのです。

 

アルカリに対しては酸ですね。
酸性で健康に問題ないものを同時に摂取したいものです。

 

アルギニンの効果を邪魔しない

ふたつめは、アルギニンの効果を阻害するものにも目を向けているかということ。
じゃまをなくし、効果をあげるためには

  1. アルギニン摂取によって活性化されるアルギナーゼを抑制する必要がある。
  2. 活性酸素を消去する必要がある。

少し難しい言葉が並びました。
もう少しわかりやすく言いかえてみます。

 

アルギニンを分解するアルギナーゼを抑制すべし

アルギナーゼというのは肝臓・腎臓などに含まれ、アルギニンを分解する酵素です。
アルギニンが増えれば、当然アルギナーゼは活性化されますね。
体の自然な反応とはいえ、ある程度これを抑制しないと効果は半減です。

 

活性酸素って?

活性酸素は、運動不足や食べ過ぎ、ストレスなどで高まるものです。
活性というとまるでよいもののようですが、有害と有用な部分があります。
アルギニンの働きに関しては、じゃまするものになります。
つまりアルギ二ンの効果を出すには、アルギナーゼ抑制と活性酸素の除去が必要なのですね。

 

ここまでをまとめると、胃痛という副作用に対しての対策がされているか、アルギニンの効果が上がるものになっているか。
この二点に注意して選ぶとよいということです。

 

子供用におすすめなアルギニン身長サプリはドクターセノビル

ドクターセノビルはさすがリピート率98.4%だけあって、これらの対策は万全です。アルギニンを抑制するシトルリン、活性酸素を除去するビタミンCがしっかり配合されています。

 

もともとのアルギニンの含有率が多いうえに、安全にも配慮され、効果をじゃまするものに対しても考えられています。

 

もし子供の身長アップを考えているのであれば、参考にしてみて下さい。

 

よく読まれている記事です

 

ドクターセノビルを一番安く買うには?

 

ドクターセノビルで身長が伸びるのは何歳まで?