ドクターセノビル(Dr.senobiru)の副作用!?これを知らずに飲んではいけない!

子どもが低身長の判断はいつ?治療って何するの?

子供の低身長に関しては、ただ成長が遅いだけなのか、治療が必要なのか、それらをいつまでに判断すればいいのかが気になります。

 

実際、1歳から治療を始めた例もあれば、10歳になって始めた例もあります。治療が必要な低身長で、治療をすることに決めたのなら、平均身長からの差があまり大きくならないうちに始めます。他の病気が隠れていることもありますから、気になるときには一度検査を受けるとよいでしょう。

 

低身長の検査とは?

検査は、一般的には問診・身体測定・血液検査・レントゲンです。

 

@問診…生まれたときの状況を詳しく聞きます。
A身体測定…実際に気になる程度かどうかを成長曲線を描いて確認します。
B血液検査…臓器の病気があるかどうか、ホルモン分泌について調べます。
  気になる成長ホルモン分泌が不足しているかどうかわかるのです。
Cレントゲン…骨の成熟度を測ります。伸びる軟骨部分がまだまだあるかどうかを調べます。

 

検査を受けるのにも勇気が要りますね。
でも「原因がわかって、どう対処すればいいのかわかったのでほっとしました」という声もあります。
治療を始める最適なタイミングを逃さないためにも気になったときにはぜひ受けてみてください。

 

成長ホルモン分泌不全性低身長の治療方法とその効果

成長ホルモンは、内服ではなく注射になります。
今では、インスリン注射などと同様、成長ホルモンも在宅で注射することができますので、医者に通う必要はありません。
通常の成長ホルモン分泌と同じように、寝初めのタイミングで毎晩、皮下注射をします。
週に何回かでするよりも、同じ量を少量に何回にも分けて注射するのがより効果があります。
毎晩がベストですが、お子さんの気持ちの上での負担も考えてあげたいですね。
長く続く治療ですから。
メッシも何年にもわたる注射を続けてきたわけでしょうね。

 

結果は、ほとんどのお子さんで最初の1年間で平均8cmほど伸びます。
他の子も3〜4cmは伸びているので、少しずつ追いつくというわけですね。

 

副作用ってあるの?

不足しているホルモンを補う治療なので基本は安全です。
が、体質によっては副作用が生じるケースもあります。
事前にきちんと副作用についての説明を受けること、何かあればすぐに医者に相談、ですね。

 

費用はいくらかかる?

保険適用でも月に10万円以上かかります。なかなか厳しい額です。
高額医療認定を受けられることもありますし、医療費助成を受けられることもあります。ただし、いずれも程度によります。

 

先にサプリメントを試してみる手も

成長ホルモン注射はとても高額ですから、まずはサプリメントで様子をみるのも一つの手です。
ドクターセノビルのようにアルギニンを主成分としたサプリメントは、成長ホルモンの分泌を促すためにおすすめです。
参考にして下さい。

 

よく読まれている記事です

⇒ドクターセノビルで身長が伸びるのは何歳まで?